ドキシシップ100mghはクラミジアや淋病などの性感染症をはじめ、様々な細菌感染症に対して効果がある治療薬ですが、テトラサイクリンを主成分とする抗生物質となっており、ビブラマイシンのジェネリック医薬品ということもあって、ビブラマイシンを購入する費用よりも安価な費用で購入することができます。
また、細菌に限らず微生物であるマラリアやリケッチアなどに対しての治療薬としても有効となっているため、様々な分野で医薬品として使用されていますが、根本的な作用というのは細菌が細胞分裂や成長する上で必要なたんぱく質の合成を遮断することによって効果を得ることができるというものです。

副作用が少ないことから幅広い人に処方される医薬品ですが、子供や妊娠、授乳中の人は使用を避ける必要があります。
副作用として現れる症状には吐き気や食欲不振など胃腸に関連した副作用を始めとして、発熱や発疹などの副作用が出ることもありますが、場合によってはアレルギー反応を起こしてしまいアナフィラキシーやショック症状などが出て、大腸炎や肝臓疾患を患うリスクもゼロではありません。

ただし、病院で処方されて用法用量をきちんと守り、他の医薬品として併用して飲用する場合は副作用のリスクもかなり減らすことができます。

また、様々な感染症の治療薬として出回っていますが、この医薬品を服用する場合は効果が低減してしまう可能性があるので、胃腸薬やカルシウム剤、血糖降下薬などと併用しないようにしましょう。